もいわの家改修工事始まる

平成29年度 当会の事業の1つに「もいわの家改修工事」があります。

これは、今の法律では福祉事業の基準に適合せず、既存の建物の部分改修を行っても新たに事業を始めることが困難であるため、既存の建物を全改修して、適合した住環境整備を行うことを目的としています。

札幌この実会時代より、親子住宅、レスパイト・ケア等の自主事業として活用されてきた建物ですが、この場所に新たに建物が整備され、グループホーム(共同生活援助)として事業が行われます。この場所には、現在、共同生活援助事業所「こんて」の内、みなみ野寮というグループホームが移ってきます。

建物が解体される様子を見るのは、ある種の寂寥を感じつつも、新たな事業に対する期待感もあって、何とも表現し難い感情があります。しかしながら、この場所が整備されていくことによって、たくさんの人たちの暮らしのお手伝いができるので期待感の方が大きいかもしれません。

建物の解体工事は平成29年6月20日より始まっております。また、進捗状況等は折を見てご報告いたします。