第1回 法人内職員研修の実施

平成30年2月22日(木)、藻岩この実会として初めての法人内職員研修を行いました。

研修内容は次のとおりです。

司会進行・・・前田課長

あいさつ(佐藤業務執行理事)
1.この実グループの歴史概要と法人分離の必要性について(木間施設長)
2.藻岩この実会の成り立ちについて(佐藤施設長)
①拠点区分:北の沢デイセンターの概要と課題、今後の方向性について(佐藤施設長)
②拠点区分:第2この実寮の概要と課題、今後の方向性について(木間施設長)
③拠点区分:もいわサポートセンターの概要と課題、今後の方向性について(石井施設長)
3.法人内職員研修の今後の展開について(佐藤施設長)
4.法人本部より(齊藤)
①倫理綱領と職員実践規範について
②法人本部の業務概要について
5.閉会

研修会には、非常勤職員(パート等)を除き、約40名の職員が出席しました。業務により出席できなかった職員もいましたが、施設長を介して研修内容は伝えられることになります。

このような法人内の職員研修は、とても重要であると考えており、今後は、職員個人または職員同士で事例研究などを行います。その内容は、利用者支援をはじめ、地域支援、就労支援等、制限を設けることなく自由な発想で、それぞれにテーマを持って取り組んでもらいます。その成果を、年に1回法人内の職員研修として発表しあうことで職員同士が刺激を与えあい、切磋琢磨していく職場環境を作りたいと考えています。今回は、法人の歴史(法人分離前の歴史)、法人が分離した経緯と目的の説明がテーマでしたが、次回からの研修がとても楽しみです。